読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

イギリスを徹底比較し厳選!

必修であまり興味がない中受けた授業でしたが、本当に楽しくてわかりやすくて、あれ以来英語が大好きになりました!!まわりの学生も目覚めてました!!そして、小川先生に教わったイギリス英語が忘れられず本を探したところ、先生のイギリス英語に再会しちゃいました!!感動☆本も分かりやすく、とても楽しいです。でも結局は買って正解でした。これは著者のせいではなく!デザイナーやこのカバーを採用した出版社側のセンスでしょうね。

こちらです!

2017年03月12日 ランキング上位商品↑

イギリスイギリス英語でしゃべりたい! [ 小川直樹 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

敷居を低くするために!お気軽さを演出したのかもしれませんが!私のような語学本にある程度の誠実さを求める読者には「また典型的な語楽本か」と誤解を招くと思います。足りない部分は他で補いたいと思います。星を減らしたのは!比較用としてアメリカ英語もCDに入っているため!発音練習するためには一部を自由に再生するためのオーディオが必要だと感じたからです。リスニングの助けになるし、ある程度会話ができる人にも発音力をつけるためにオススメします。次回改訂するときはカバーを一新してほしいです。あえてそんなに分厚くないので、やる気になります♪先生は全く覚えていないと思いますが、世界が広がって感謝しております♪ありがとうございます(*^^*)会話本としては使えませんが、イギリス英語を一から勉強する教材としてよいです。すっごいお勧めわかりやすく、CDもついていてよかったです!。また、上流階級が使う英語、ロンドン訛りなど、細かい発音も教えています。授業を受けたのは4年前です。イギリス英語の本というと!米語との表現の違いが上げてある本が多いですが!これは発音に集中してます。それから、表紙の「これであなたもイギリス人?!」や裏表紙の「あこがれのイギリス発音でしゃべってみませんか」などは余計だと思います。でもこれは!あれこれ詰め込んで冗長にならないように!まず基本だけはしっかり踏まえてもらいたい著者の意図かもしれません。内容は良い本なのでもったいないです。実は最初買うことを少しためらいました。大学の通信のスクーリングで教わった先生の本です。発音の地域差!社会文化的背景!詳しい発音などの説明は大変ありがたいのですが!個人的には量的に物足りなさを感じました。